KANA-BOON

9.1SAT

KANA-BOON

谷口鮪(Vo/Gt)、古賀隼斗 (Gt/Cho)、飯田祐馬(Ba/Cho)、小泉貴裕(Dr)の4人から成る大阪・堺出身のロックバンド。2012年に開催されたキューン20イヤーズオーディションにて4,000組の応募者の中から見事優勝し、恵比寿LIQUIDROOMにてASIAN KUNG-FU GENERATIONのオープニングアクトを務めたことで話題に。2013年4月、バンドにとって初の全国流通盤『僕がCDを出したら』をリリース。全国各地のフェスへ出演し、入場規制、満員御礼を記録。ライブシーンの台風の目となる。9月には1stシングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビュー。翌月には1stフルアルバム『DOPPEL』をリリースし、オリコンウィークリーランキング初登場3位、タワーレコード全店ウィークリーチャート1位を記録した。2014年2月には「スペースシャワー列伝JAPAN TOUR 2014」に出演、全公演SOLD OUTとなり話題を呼んだ。同年4月からメンバーが考案したオリジナル企画に毎週チャレンジしていくレギュラー番組「もぎもぎKANA-BOON」がスタート。8月には地元・大阪にて、初の野外ワンマンライブを開催し16,320人を動員した。2015年1月には、2ndアルバム『TIME』をリリースし、3月には大阪城ホール、日本武道館での初のアリーナ単独公演を成功させた。2016年の2月には3rdアルバム『Origin』をリリース。4月より初の海外公演を含む、16箇所・計21公演のワンマンツアーを開催した。2017年2月に実施した「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪LIVE Vol.4」では、チュートリアルとのダンスコラボが話題に!3月には11thシングル「Fighter」をリリースした。2018年はデビュー5周年を迎え、5シーズンに渡りリリース&ライブを企画するなど、精力的に活動しているKANA-BOON。ラブシャは6年連続6度目の出演!中毒性高く耳から離れない楽曲と、圧倒的なコミュニケーション能力で駆け抜ける彼らのライブパフォーマンスは必見です!