GRAPEVINE

9.2SUN

GRAPEVINE

1993年に大阪府にて、ブルースやソウルに耽溺していた早熟なボーカリストと、ビートルズやニール・ヤング、XTCに影響をうけたプレイヤーたちが出会いバンドを結成。バンド名「GRAPEVINE」はマーヴィン・ゲイの楽曲「I heard it through the grapevine」からインスパイアを受けて命名された。翌1994年より本格的に活動がスタート。1997年9月にリリースした1stミニアルバムのタイトル曲『覚醒』がPower Push!に選出される。その後1999年、プロデューサー・根岸孝旨を迎えてリリースした「スロウ」「光について」を含む2ndアルバム『Lifetime』がスマッシュヒット。すべての楽曲の作詞をてがける田中の世界観とあいまって、音楽シーンにその名が駆け巡った。2002年から現在の田中和将(Vo/G.)、西川弘剛(G.)、亀井亨(Dr)、高野勲(Key)、金戸覚(Ba)による編成になり活動を続けている。2014年、スピードスターレコーズに移籍後、アルバム『Lifetime』再現ライブ『IN A LIFETIME』を開催。そして2015年、先行シングル「Empty song」を含む移籍第1弾アルバム『Burning tree』をリリースし話題を集めた。2016年、配信シングル「EVIL EYE」、高野寛プロデュースによるシングル「EAST OF THE SUN」を含むアルバム『BABEL,BABEL』をリリース。デビュー20周年を迎えた2017年はアルバム『ROADSIDE PROPHET』をリリース後、全国ツアーを開催し、12月に東京国際フォーラムホールAでアニバーサリー・イヤーを締めくくった。今年の11月からは「GRAPEVINE club circuit 2018」を全国11箇所で開催する。いつの時代も独自の光で輝き続ける彼らが、2015 年以来3 度目となるラブシャに登場。今年も力強いライブで多くのファンを魅了してくれるに違いない。