アルカラ

8.31SAT

アルカラ

稲村太佑(Vo./Gt.)、下上貴弘(Ba.)、疋田武史(Dr.)からなる、自称"ロック界の奇行師"ことアルカラ。

ギターロックやオルタナティヴロックなどの音楽性を基調としながら一筋縄でいかない自由奔放さで唯一無二の世界を築き上げている。2011年7月にリリースされた4thアルバム『こっちを見ている』に収録されている「半径30cmの中を知らない」がスペースシャワーTVの"Power Push!"に選出され、その独自な切り口でロックシーンに風穴を開けた。

彼らはスペースシャワーTVのイベントに数多く出演し、<スペースシャワー列伝>では、2010年6月の「第81巻」、2012年に開催した「JAPAN TOUR 2012」、2014年10月の「第110巻」に出演。<LIVE HOLIC>では、2015年2月に名古屋で開催した「vol.3」、2017年3月に新木場STUDIO COASTで開催した「extra vol.1」、そして今年の4月に大阪なんばHatchにて開催した「extra vol.3」に出演し、全国各地で白熱のライブを繰り広げた。現在までにアルバム9枚、ミニアルバム3枚、スプリットEP1枚、ep2枚、シングル3枚、ライブDVD7枚、MV集1枚をリリースし、毎年地元神戸でオーガナイズしているアルカラ主催のライブハウス9会場でのサーキットイベント「ネコフェス」も6年連続でソールドアウト。今年の1月には会場限定CD「to」をリリースし、15カ所のツアーを開催。6月には7年目となるネコフェス2019を開催する。

そんなアルカラがラブシャに2年ぶり7度目の出演。独自の切り口で新しい挑戦をし続ける彼らのライブは必見だ。