mol-74

8.30FRI

mol-74

2010年に武市(Vo,Gt,Key)、井上(Gt)、坂東(Dr)の3名で京都にて結成。2012年より自主制作でのアルバムリリース後、インディーズで計5枚のミニアルバムを世に輩出。2017年に髙橋(Ba)が加入し、現在の4人態勢になる。

2019年4月に初のフルアルバム『mol-74』でメジャーデビュー。このアルバムでは、過去にインディーズでリリースされたミニアルバムを網羅する形で、「エイプリル」や、ライブでのみ披露されていた「あいことば」などの代表曲の数々が全曲再録された。中でも自主制作盤に収録されていた「ノーベル」は、同月のスペースシャワーTV "Power Push!"に選出された。

フルアルバム『mol-74』を掲げたツアーでは、ファイナル公演のマイナビBLITZ赤坂を含む9箇所を回り大盛況となる。

日常にある身近な感情を武市の透き通るようなファルセット・ヴォイスを軸に、北欧ポストロックを思わせる繊細な音作りで注目を集める彼らがラブシャのステージに初登場。儚くも美しい幻想的なメロディーと歌詞で、あなたの心の奥底に暖かな火を灯してくれるだろう。