BREIMEN

8.28SAT

BREIMEN

ベースボーカルの高木祥太を中心に、メンバー5人全員がセッションプレイヤーとしても活躍し、ソウルやファンクをベースに多様なジャンルにも躊躇なく飲み込んでいくミクスチャーファンクバンド。
独特な歌詞の世界観と、セッションを軸としたサウンドセンスのギャップに熱烈なファンを獲得し、2020年2月にリリースされた1stアルバム『TITY』では、多くの著名人や業界最前線のプレイヤーからの熱い支持を受け、J-WAVEのSONAR TRAXやtunecoreのIndependentAFに選出されるなど「いま聴くべき」ネクストブレイクアーティストとして、注目を浴びることとなった。
そして、2021年5月に待望の2ndアルバム『Play time isn't over』をリリース。みんなで"遊び"を続けていこうという力強い意志を込めた今作は、メンバーだけではないチームの仲間と創り上げていこうというバンドのスタンスを表すBREIMENの新しい代表作となり、数多くのストリーミングサービスの主要プレイリストに入ると同時に、Apple Musicのオルタナティブアルバムランキング4位にチャートイン、Spotify Early Noiseアーティストカバーへの選出、急上昇チャートに入るなど大きな前進を果たした。