REPORTS

DAY3 09.01 SUN

9/1 SUN
(Text by Billboard JAPAN)

8月30日(金)から9月1日(土)まで、山梨県・山中湖交流プラザ きららで開催される【SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019】。

最終日となる3日目は、音楽シーンをリードする実力派アクトが勢揃い。メインステージ〈LAKESIDE〉では、ハートフルにオープニングを飾ったHYに続き、高橋 優が力強いパフォーマンスを披露。「福笑い」「明日はきっといい日になる」など比類なくストレートなメッセージが、クリアな歌声にのせて会場中に広がった。

また、デビュー30周年を迎えた東京スカパラダイスオーケストラのステージは、豪華コラボレーション満載。Official髭男dismは、メンバー4人がマイクを取り「星降る夜に」をパフォーム。続けて、Gotch (ASIAN KUNG-FU GENERATION) は「Wake Up!」を、TAKUMA (10-FEET) は「閃光」を披露し、華やかにステージを盛り上げた。そして、サプライズゲストにはなんと宮本浩次が登場。「明日以外すべて燃やせ」をフルパワーで歌い上げ、会場の盛り上がりは最高潮に達した。

Saucy Dogら右肩上がりの若手アクトがフロアを揺らした〈Mt.FUJI〉。ラブシャ初登場のOfficial髭男dismは、さすがの注目度もあって超満員。「ノーダウト」「Stand By You」「Pretender」とヒットソングを畳み掛ければ、ラストは勇ましいブラスサウンドを響かせる「宿命」で華々しくフィナーレ。新曲が最高のクライマックスを作り出した点も含めて、何から何までが今のバンドの勢いを象徴していた。

Official髭男dismと同じく、現在ヒットチャートで大健闘を見せているKing Gnuは、「Slumberland」からスタート。端正な美観を極めていく「白日」や、リリースされたばかりの「飛行艇」の分厚くアンセミックなサウンドのパワーなど、起承転結の妙もあり。荒々しく無骨にパフォーマンスに没頭するメンバーの佇まいも強く印象的だった。

藤原さくらやTOTALFATら、個性的なアクトが並んだ〈FOREST〉のトリを飾ったのはストレイテナー。今回の彼らのアクトは、バンドそのものの熟成も感じさせる、ある意味コンセプチュアルな展開だ。軽快なファンクグルーヴで踊らせる「DONKEY BOOGIE DODO」や、骨太なミドルロックチューン「DAY TO DAY」を投下し、国内のロックシーンのトップランナーたる貫録溢れるステージを繰り広げた。

一方、〈Mt. FUJI〉の大トリを飾るのは、ラブシャ初出演となるMISIA。黒田卓也(Tp.)ら凄腕ミュージシャンを従え、オープニング・ナンバー「BELIEVE」から、その圧倒的歌唱力を遺憾なく披露。ワンコーラス歌い切ると、会場からは自然と拍手が巻き起こった。MCでは、30周年を迎えるスペシャに「HAPPY BIRTHDAY」の歌をアカペラでプレゼント。「これを一つのアイノカタチにして」とクライマックス「アイノカタチ」をしなやかに歌い上げ、完全無欠のショーを完遂した。

そして、2019年のラブシャ、そのファイナルアクトを務めたのはSEKAI NO OWARIだ。「炎と森のカーニバル」で盛大に幕開けを飾ると、「ANTI-HERO」でトーンを落として妖しく幻想的な世界を演出。さらに、Fukaseが原点だと述べた「銀河街の悪夢」を披露したところで「RPG」へ。これまでSEKAI NO OWARIの幻想的な世界を見つめてきたオーディエンス全員がサビを歌い、いよいよオーディエンスも彼らの世界へ飛び込む。そして最後は「Dragon Night」でフィニッシュ。神秘的なフィナーレで、2019年のラブシャを締めくくった。

スペースシャワーTVでは、10月5日(土)、10月12日(土)、10月19日(土)に3週連続でこの模様を3時間ずつオンエア。会場に行けた人も行けなかった人も、80,000人が集まった当日の熱気を体験できること間違いなし、合計9時間の特別番組をお見逃しなく。

TOP